メンバーの声MEMBER

ミュージックスタイリスト 武田怜子

Interview 「向いていない」と思っていた講師業で見つけた、教える楽しみ

ミュージックスタイリスト (フルート) 武田怜子

  • 多数の演奏をこなす音楽家から、EYSの講師になるまで

    ー武田先生の音楽家としての経歴を教えてください。

     幼少期からオルガン、ピアノを習っていて、高校から今教えているフルートを始めました。その後、音大に入ってからはバイトと自分の音楽の勉強という意味もかねて、結婚式場や病院、企業パーティーなどで演奏をしていました。卒業後は、アルバイトをしながら音楽家として演奏会を開いたり、友達とコンサートを開催していました。

     ただ、音楽活動だけで食べていくことはやはり難しく、活動を続けていく体力にも限界を感じていました。そこでもう一つの収入の柱を作る手段として、個人で講師をしていたんですよね。その中で、色んな生徒さんを対応してみたいと思っていたんですが、個人だと宣伝広告費もありませんし、個人の集客力やできることに限界を感じていました。また、今後は音楽活動は縮小して、講師活動に専念していきたいと思っている時期でもありました。なので、色んな音楽教室を検討する中で、働き方や制度を見て自分に合っていると思ったEYSを選びましたね。

  • 生徒の疑問点にとことん向き合える講師の仕事が、楽しくて仕方ない

    ー活発的に音楽活動をするプレイヤーから、講師に転換していこうと思ったきっかけは何だったんですか。

     実は、もともと講師には向いていないとずっと思っていて、仕事の中でも避けていた選択肢のひとつだったんですよ。ただ、とりあえず経験してみようとやってみたら、自分が人のお世話をすることが好きな性格であることに気づいたんですよね。生徒さんがレッスンでうまく演奏できなかったり、アドバイスしても理解できなかったりした時、どうしてわからないのかを考えることが楽しかったんですよね。そこを掘り下げて、理解しやすいように教えてあげられる方法を追求することや、生徒さんができるようになった時が嬉しくて、講師の仕事が今とても楽しいです。

    ー生徒さんとのレッスンで印象的だった経験はありますか。

     生徒さんの中に、ディスレクシア(学習障害)の方が以前いらっしゃいました。そういった方はやっぱり譜面も読めない場合が多いんですよね。だから、そのために専門の本を買い漁ったり、講習会に行ったりと自分で勉強することで、どうやったら理解してもらえるのかを追求したことがありましたね。もちろん、こちらが一方的に汲み取って教えるのではなく、まずは本人がどうされたいかオーダーを聞いたうえで、自分なりの工夫をしています。

     また、今後は音楽をやりたくても、できずに諦めてしまった人に着目したレッスンの提供をしていきたいと考えています。音楽を習いたくても、先生と合わずにに教室を破門されちゃったり、できないと諦めている人などもたくさんいるんですよね。そんな挫折した人にも、わかりやすく教えられるような講師になりたいと思っています。

  • 自分の望んだ働き方、楽しい仕事が結果にもつながっている

    ーEYSの講師で良かったと思うことはありますか。

     大学卒業後から、長い間フリーの音楽家として活動してきたという背景もあり、個人の裁量が多い職場で働くことを希望していました。ただ、一般的な音楽教室はカリキュラムが決まっていたり、グループレッスンがあったりと、自分一人で決められない場面が多々あると思っていました。一方、EYSでは、レッスンに決まったカリキュラムはなく、生徒さん一人ひとりに合わせたオーダーメイドカリキュラムとなっています。自分で決めたレッスン内容で、生徒さんの成長を全力でサポートしていけることが、私にとって非常に働きやすいポイントだと思っています。

    ーEYSの報酬形態についてはどう考えていますか。

     EYSの講師として活躍していくには、自分をうまくプロデュースしていくスキルが重要だと思っています。EYSは体験レッスンからの入会率、継続率などが総合的に評価されて、お給料が変わってきます。レッスンの満足度を上げるだけでなく、しっかりと各指標に向き合っていくことで報酬をあげていくことも可能です。ここで求められている能力は、音楽家として自分をプロデュースするスキルとすごく近いと思っています。間違いなく音楽活動に活かされていく点も多いと思うので、音楽家と講師を両立したいと思っている方にとってはチャレンジしがいのある職場だといえますね。

     また、評価の基準はさまざまで、生徒さんや講師同士の交流の場であるイベント・演奏会等の仕事もそのひとつです。ただ、私の場合は強制されてイベントの仕事をしているのではなく、純粋に楽しそう、生徒さんとの交流が好きだという理由で積極的に参加しており、そこが結果的に評価・結果に結びつきました。EYSの講師というお仕事は、音楽活動との両立するうえでも非常にいい環境ですが、それ以上に私は自分の好きなこと、仕事で楽しいと思えることが評価されるチャンスもあるとも思っています。

メンバーの声MEMBER

EYSには、様々なバックグラウンドを持った多様なメンバーがいます。
何故、EYSで働くのか、働いてみた実感はどうだったのか。
彼らの生の声を聞きました。

代表メッセージ TOP MESSAGE

Enjoy Your Sound

株式会社EYS-STYLE 代表取締役社長 吉岡 秀和
株式会社EYS-STYLE代表取締役社長
吉岡 秀和HIDEKAZU YOSHIOKA
メッセージを見る

採用担当からのメッセージ FROM RECRUITER

Be A Professional

株式会社EYS-STYLE 講師採用担当 橋田 良彦
株式会社EYS-STYLE講師採用担当
鮎澤 和彦KAZUHIKO AYUZAWA
メッセージを見る
採用情報TOPへ